パソコンを無料で廃棄する方法もあります

年末となり大掃除の季節がやってきました、不要なPCなどを廃棄したいという人もいると思います。基本的にパソコンの廃棄については、家電リサイクル法にもとづき、昨今では有償での回収となっております。しかし、できれば無料で廃棄したいというのが人情です、ここではいくつかの方法を書いてみたいと思います。

リサイクルショップに売る

最新型などであれば、有料で買い取ってもらえますが、流石にやはり捨てるだけのPCは下手をすると100円にも満たない値段で買い取られます。
しかし、リサイクル料金を払うというマイナスではない・・というポジティブな捉え方もできます。
自分でデータ消去をするのが面倒という方は、ショップに任せてしまうのが良いかもしれません、しかし、売る前に大事なデータはバックアップそして、きっちりフォーマットをしておくことを忘れないほうが良いでしょう。
しかし、全く売れないような品は、リサイクルでひきとります(有償)となる場合もありますので注意が必要です。

新しいPCを購入する際に下取りに出す

これは下取りキャンペーンなどをやっているお店で新しいPCを購入する際に古いPCを下取りしてもらえるようなショップがあれば、ある意味プラスになります。
これも上記リサイクルショップと同様、対象外のPCなどですと、マイナスになる可能性もあります。

無料回収業者に回収してもらう

これもリサイクルショップと同様、型番によっては有償回収対象になる場合もあります、また、安易に預けずしっかり個人データなどの消去はショップより念入りにしておくべきです。

部品をバラしてヤフオクなどで売却してみる

意外にジャンクパーツとして売ると、結構な値段が付く場合あります、事前に自分のパソコン内部のパーツを価格調査してみれば、手間はかかりますが上記リサイクルショップなどより高価になる場合があります。売却したお金でこのような新しいゲーミングPCの予算に組み込めば、通常よりも安く購入できます。BTOメーカーは買い取りをしてくれることもあるのでチェックしてみてください。

部品をバラしてそれぞれ廃棄する

HDDやマザーボード、CPUとバラバラにして、それぞれを廃棄するというもの、リサイクル料が取られないようになりますが、不燃ごみとして捨てる必用があります。
しかし、HDDやSSDなど記憶媒体を自分で保管できるので、個人情報漏洩などの心配はなくなります。
ただし、大型のキーボードなどは下手をすると粗大ゴミ扱いの中で、有料回収になる場合もありますので、ゴミで捨てる際に、都道府県市町村や自治体によく確認を行うべきでしょう。
上記色々な方法で廃棄するようになると思われますが、ショップなどにひきとってもらうのが一番面倒で手間はありません。
しかし、少しでも支出を減らしたい、できれば売ってお金にしたいという方は一手間かければ、少しの金額を得ることができるかもしれません。