パソコンの廃棄にかかる費用相場とは

パソコンを廃棄する時にはいくらくらいかかるのでしょうか。費用相場を見てみましょう。
自作ではなく、自宅で使用しているメーカーの正規品の場合、基本的に費用は0円です。これは、2003年10月から、メーカーが出荷する個人向けや家庭向けパソコンは、捨てる時にかかる費用を企業が負担することが決まったからです。0円で廃棄できる商品には、裏面や背面などにPCリサイクルマークがついているので確認してみてください。
2003年以前の商品や企業向けPC、自作PCの場合ですが、家電量販店やメーカーに引き取ってもらったり自治体のゴミに出す場合は、3,000円ほどの費用負担が必要になってきます。リサイクル費用として徴収されるのです。でも、お金を払わずに捨てることもできます。パソコンの回収業者を利用する方法です。
パソコンの回収業者は基本的にどんなPCでも無料で回収してくれます。業者によって違いますが、データが入っているHDを破壊しても引き取り可の所もあるので、個人情報の流出が気になる場合はそのような業者を選ぶのが良いでしょう。回収方法ですが、丁寧に梱包して着払いの宅配便で送るだけでOKです。引き取って欲しいパソコンが何台もある企業や団体さんの場合は、無料での出張買取サービスをお願いすることもできます。なぜ無料なのかというと、本体の中にレアメタルなど高価な金属や部品があるので、資源物としての価値があるからです。
パソコンの廃棄にかかる費用相場は0円だと言えそうです。

パソコンの廃棄・処分はどのようにすればいい?自治体?

10代後半の大学生の頃から、パソコンは生活の必需品となります。
大学のレポートを作成したり、論文の調べ物をする、奨学金や大学の履修申請をする等、色々な作業に求められます。
かつては10万円以上した一般的なパソコンも、今では数万円代になりました。
それこそ容易に買い替えや買い足しも可能となり、自宅に2台、3台の製品を所有なさる方もいます。

20代男性の方も仕事を進める上でパソコンは必ず要るものでしょう。
プレゼン資料を作成したり、クライアントとEメールで情報交換する、仕事のデータを自宅で作成する等、多目的でソフトとハードウェアの活用が求められます。

パソコンを新しい物に買い替える際、自ずと発生するのが旧製品の廃棄です。
燃えるゴミのように普通に処分出来ませんので、正しい方法で廃棄しましょう。
自治体にパソコンの廃棄を依頼する方もいますが、少し不便です。
指定した日時まで処分を先送りしなければいけませんし、処分費が高いです。

一方でパソコン処分代行の専門業者に委託すれば、自由なスケジュールで不用品を引き取ってもらえます。
一般的なデスクトップ型はもちろん、一体型やノート型、タブレット型もOKです。
それこそジャンク品の引取依頼も可能ですし、業者に依頼すれば、データ流出の懸念もありません。
男性なら心当たりがあるプライベートなデータも、専門業者ならデータ削除を施してから本体の処分を進めてくれますので、個人情報が外部に漏れる事はないです。

廃棄するパソコンの無料回収ってリスクはないの?

パソコンの無料回収でリスクが全くないのかと言えば、ないとは言い切れず料金か個人情報のどちらかでトラブルが起こる可能性があります。料金に関しては最初から無料と言い切っていても、どこで利益を出しているのが不明な点が多く、悪質な業者だと「回収」は無料ですが、「積み込み」と「処分費用」でお金を請求されることもあります。そうならないためにも、街中を回って不用品を回収している業者には頼まず、市区町村の認可した廃品回収業者にお願いするのが最も良い方法と言えます。また、どれだけ認められた業者であってもパソコン内の情報が盗み出される危険性は十分にあるため、廃棄する前には自分でHDDを外して破壊するか、専用のソフトを使用してデータを完全に消去することが重要となります。通常の消去方法では完全なデータ削除とは言えず、物理的に残っていることがあるため、復元ソフトなどを利用すれば内容を見ることができます。これまでパソコンで閲覧していたサイトの内容ややり取りしていたメールだけでなく、クレジットカードのIDや暗証番号、ネット銀行の取引なども覗かれる危険性があるため、個人情報を盗まれたくないというのであれば、自分の手で消去するのが確実な方法です。また、自分で持ち込みして処分してもらう場合は、目の前でHDDを破壊してくれるお店もあるので、それらを利用するのもひとつの手です。全ての業者が悪質と断じることはできませんが、何をどう利用されるのか分からない以上は警戒しておくべきでしょう。

パソコンの廃棄はどうするべき?

パソコンを廃棄するのは2つの方法があります。1つは市町村が定めたゴミ収集のルールに合わせてだすこと、また、パソコン屋さんなどに持ち込んで処理をしてもらうことです。この場合は処理手数料がかかることになります。動作するパソコンなら業者で買い取ってくれるケースも有るようです。2つ目は無料回収業者を利用することです。台数が多い場合は無料回収にきてくれることも多く、回収ではない場合も送料元払いで送ればそれで処理をしてくれる場合がほとんどです。送料はかかるのですが、処分費用に比べればかなり割安であることが多いです。
パソコンの廃棄で注意したいのが情報の漏洩です。業者を利用する場合は適切に初期化してくれるので漏れることはほぼありませんが、一部の悪徳業者がいないとも限らないので廃棄する前に自分で消去をしっかりしておきたいものです。消去の方法は物理的にハードディスクを壊してしまうのがもっとも有効です。ハードディスクはドライバーなどで分解できますし、高い位置から落とすだけでもかなりの確率で壊れます。ただし、破片が飛び散ることも多いですかラ、ソフトウエアで対応しておくほうがよいです。消去用のソフトウエアが多数販売されていますし、OSの起動ディスクがあるなら、OSのインストールをなんどか行ってデータの上書きをしておくことも有効です。データは消しても復旧させられるのでデータの上書きが有効です。数度行ってけば問題ないことが多いです。

パソコン廃棄の際に気をつけるべきこととは?

パソコンが不要になり廃棄する時に最も注意しなければいけないのがデータです。特にパソコンで様々な作業をしていたり、大切な情報を記録しておくような使い方をしている場合、ハードディスクにそれらの情報が入ったままとなっています。そのまま廃棄をしていしまうと情報が漏えいしてしまう恐れがあります。
手離す際にはしっかりとデータを消しておく必要があるのですが、その際にやってしまいがちなのがゴミ箱にファイルを捨てたり、初期化するだけの作業に留めてしまうことです。こういったプロセスを踏むことによってデータが消えたように感じてしまうかもしれませんが、実はパソコン内部にそのまま情報が残っているのです。表面的に消えたように見えているだけですから、専用の復元ツールを利用することによって情報を取り出せてしまうことがあります。
完全に情報を消す為の方法もありますが、まず記録媒体であるハードディスクを物理的に破壊してしまうことです。情報が入っているハードディスクに穴を開けるなどすれば読み取りがほぼ不可能になりますから情報が漏れてしまうリスクは低くなります。
しかしながらもし売って処分をしたい場合、ハードディスクがないと価値が下がってしまいます。そういった場合には完全消去をする為のツールを活用して情報を消すことも可能です。これは無意味な情報を上書きして古い情報を追いやっていく為のツールですが、もし復元ツールを使ったとしても無意味な情報しか引き出すことができなくなるのです。