パソコン廃棄の際に気をつけるべきこととは?

パソコンが不要になり廃棄する時に最も注意しなければいけないのがデータです。特にパソコンで様々な作業をしていたり、大切な情報を記録しておくような使い方をしている場合、ハードディスクにそれらの情報が入ったままとなっています。そのまま廃棄をしていしまうと情報が漏えいしてしまう恐れがあります。
手離す際にはしっかりとデータを消しておく必要があるのですが、その際にやってしまいがちなのがゴミ箱にファイルを捨てたり、初期化するだけの作業に留めてしまうことです。こういったプロセスを踏むことによってデータが消えたように感じてしまうかもしれませんが、実はパソコン内部にそのまま情報が残っているのです。表面的に消えたように見えているだけですから、専用の復元ツールを利用することによって情報を取り出せてしまうことがあります。
完全に情報を消す為の方法もありますが、まず記録媒体であるハードディスクを物理的に破壊してしまうことです。情報が入っているハードディスクに穴を開けるなどすれば読み取りがほぼ不可能になりますから情報が漏れてしまうリスクは低くなります。
しかしながらもし売って処分をしたい場合、ハードディスクがないと価値が下がってしまいます。そういった場合には完全消去をする為のツールを活用して情報を消すことも可能です。これは無意味な情報を上書きして古い情報を追いやっていく為のツールですが、もし復元ツールを使ったとしても無意味な情報しか引き出すことができなくなるのです。