廃棄するパソコンの無料回収ってリスクはないの?

パソコンの無料回収でリスクが全くないのかと言えば、ないとは言い切れず料金か個人情報のどちらかでトラブルが起こる可能性があります。料金に関しては最初から無料と言い切っていても、どこで利益を出しているのが不明な点が多く、悪質な業者だと「回収」は無料ですが、「積み込み」と「処分費用」でお金を請求されることもあります。そうならないためにも、街中を回って不用品を回収している業者には頼まず、市区町村の認可した廃品回収業者にお願いするのが最も良い方法と言えます。また、どれだけ認められた業者であってもパソコン内の情報が盗み出される危険性は十分にあるため、廃棄する前には自分でHDDを外して破壊するか、専用のソフトを使用してデータを完全に消去することが重要となります。通常の消去方法では完全なデータ削除とは言えず、物理的に残っていることがあるため、復元ソフトなどを利用すれば内容を見ることができます。これまでパソコンで閲覧していたサイトの内容ややり取りしていたメールだけでなく、クレジットカードのIDや暗証番号、ネット銀行の取引なども覗かれる危険性があるため、個人情報を盗まれたくないというのであれば、自分の手で消去するのが確実な方法です。また、自分で持ち込みして処分してもらう場合は、目の前でHDDを破壊してくれるお店もあるので、それらを利用するのもひとつの手です。全ての業者が悪質と断じることはできませんが、何をどう利用されるのか分からない以上は警戒しておくべきでしょう。

パソコンの廃棄はどうするべき?

パソコンを廃棄するのは2つの方法があります。1つは市町村が定めたゴミ収集のルールに合わせてだすこと、また、パソコン屋さんなどに持ち込んで処理をしてもらうことです。この場合は処理手数料がかかることになります。動作するパソコンなら業者で買い取ってくれるケースも有るようです。2つ目は無料回収業者を利用することです。台数が多い場合は無料回収にきてくれることも多く、回収ではない場合も送料元払いで送ればそれで処理をしてくれる場合がほとんどです。送料はかかるのですが、処分費用に比べればかなり割安であることが多いです。
パソコンの廃棄で注意したいのが情報の漏洩です。業者を利用する場合は適切に初期化してくれるので漏れることはほぼありませんが、一部の悪徳業者がいないとも限らないので廃棄する前に自分で消去をしっかりしておきたいものです。消去の方法は物理的にハードディスクを壊してしまうのがもっとも有効です。ハードディスクはドライバーなどで分解できますし、高い位置から落とすだけでもかなりの確率で壊れます。ただし、破片が飛び散ることも多いですかラ、ソフトウエアで対応しておくほうがよいです。消去用のソフトウエアが多数販売されていますし、OSの起動ディスクがあるなら、OSのインストールをなんどか行ってデータの上書きをしておくことも有効です。データは消しても復旧させられるのでデータの上書きが有効です。数度行ってけば問題ないことが多いです。